温めて飲むドリンク|アガリクスの効果で疲れ知らずの体になる!

アガリクスの効果で疲れ知らずの体になる!

レディ

温めて飲むドリンク

スムージー

冷たいものより温かいもの

スムージーは冷たくして飲むイメージがありますが、冷たいものは冬の寒い季節には体が答えてしまうこともあり、逆に体を冷やしてしまうこともあります。そのために良いのがホットスムージーです。ホットスムージーを作って摂取する人が多くなってきており、寒い時期に飲むことで体を温めることができる上に野菜やフルーツの栄養素を取り入れることができるということで人気が出ています。さらっとしたスープよりもホットスムージーはとろみがあることから、体を温めることが持続でき、朝起きた時に冷えている体に良いと感じる人が多いのです。人参とジンジャーで作ったものや豆乳とバナナを温めて作ったもの、ほうれん草とバナナと豆乳をまずはミキサーでブレンドしてそれを鍋で温めて作って摂取する人もいます。

温めることで得る効果

冷たいスムージーも良いのですが、寒い時期に摂取すれば体が冷えて調子を崩してしまうこともあるため注意が必要です。人によっては胃の調子を悪化させ、気持ちが悪く感じてしまうこともあるといいます。ホットスムージーは寒い時期に最適で、野菜やフルーツの栄養素を取り入れることもできるので、体にとっては一石二鳥です。しかし温めることで心配になるのが、野菜やフルーツに含まれる酵素を活かすことができるかどうかです。酵素は温めることでその効果を弱らせてしまうといわれています。しかし、酵素は弱ってしまいますが、温めることでほかの効果がアップされるものもあります。抗酸化効果が高められ、腸内環境を整える力も強くなります。その効果を活かしながら、酵素はほかの方法で取り入れるとバランスが整えられます。